ライバルに負けないように

同性に負けるな

ライバルに差をつけろ

出会い系サイトではライバルがほかにいなくて一対一でできると言えばできますが、その分今自分がやり取りしている人が自分とだけメールをしているのか?それともほかの人ともメールをしているかもしれないのです。

同性のライバルがいるかもしれないと思ってなるべく相手と密に連絡のやり取りをするように心がけて行動するようにしましょう。たとえば不安だったらシンプルに聞いてみるのも一つの手ではないかと思います。

自分以外とメールのやり取りをしているの?っていうちょっと焼きもちを妬いているの?って思わせたほうが相手もかわいいと思ってくれるかもしれませんので素直に聞いてみましょう。たぶんしていてもしていないと答える人がほとんだと思いますが、それでも自分とだけメールをしていると言われたらうれしいでしょうし、たとえしていると言われても何かしらの反応を示してくれるはずです。

強がっても始まりませんので素直に聞くことをしましょう。またほかの人とはちょっと違うなと思わせたいのであればやはり相手のことをとにかくほめて紳士的に接してあげることが大切なのです。

相手にほめられていやだと感じることはないので上から目線で行くよりかは相手を立てることで心を開かせましょう。もちろん明らかに露骨なほめ方だと相手は嫌がると思いますのでやりすぎは禁止ですがちょっとしたことをほめてあげることが大切だったりします。

とにかく相手が嫌がるようなことや相手がまだ会いたい気持でないのにもかかわらず無理やり会おうと思っても相手は心の壁を強くしてしまいますので無理せずに相手が会えたらいいなぁ~ぐらいに思ってくれるまでは街の姿勢でいいと思います。

必ず壁がなくなってきたらメールの反応も敬語から普通の会話になってくると思います。そういった変化が現れた時に誘ってみてはいかがでしょうか?

出会い系サイトを利用している人で失敗している人の典型的な例として仲良くなる前に相手を誘ってしまう人です。2・3回メールを送っただけで相手が心を許すわけがないですよね。

ライバルがそういったアプローチをしてくるのであれば自分は待ちの姿勢をもったり余裕をもった行動をとることが大切です。

出会い系サイトの中にも当然ながらライバル関係になるのです。10万人利用している人がいるとして男女半々としたら5万人がライバルになりえるとも言えますのでぜひとも負けないようにしていきましょう。

蹴落とすのではなく勝ちあがる心構えで行きましょう。